2015年09月29日

東京マラソン、企業が「伴走」

先日の日本経済新聞に 一緒に食事をして 仮称「諫早湾一周マラソン大会」たくさんのアドバイスを頂いた 早野さんの記事が載っていました(*^_^*)

東京マラソン、企業が「伴走」 来年10回目、協賛金18億円に拡大 幅広い業種に商機 強い選手招き大会に箔 早野事業担当局長に聞く


2007年にスタートし、爆発的なランニング人気の発端となった東京マラソンが来年2月28日の大会で10回目を迎える。
大会を催すだけでなく、様々なコンテンツをつくり出し、.....

東京マラソン財団の14年度決算収益約28.7億円 協賛金18.9億円 参加料4.4億円 東京都1億円 公的な依存が他の市民マラソンと比べ低すぎるくらいです(*^_^*)
行政に多くの資金を頼らず どうにかして実現したいですね(*^_^*)

いろんな企画を出し 企業から事業に落とし込め易いようにして 協賛しやすいようにされています(*^_^*)

それに 男子のトップ5を招待され 早野さんはバイクで ペースランナーをコントロールされます(*^_^*)
招待選手を 呼ぶのにも 相当の金額がかかるでしょうね(^_^;)

日本選手には 1キロ3分を切る選手がたくさん居ます(*^_^*)
箱根駅伝を見ていても思います(*^_^*)

そういうう選手が ハングリー精神や賞金等を目当てにでも良いので記録を出して 世界のトップ選手と戦って欲しいですね(*^_^*)


チャリティーランナーの寄付金が3億を超え 選手の強化、スポーツ環境等に一部を寄付に充てて有ります(^_^)

次から次にアイデアを出される早野さん 諫早一周マラソン大会の大きな力になるでしょう(*^_^*)
私達も たくさんのアイデアを出しながら楽しんで行きたいですね(*^_^*)
1443218214355.jpg
1443218161399.jpg
posted by あした笑顔 at 07:39 | Comment(0) | 諫早でマラソン大会への道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
nrce